真に美しい鯖《さば》色の光

 取り出したのは小箱であったが、真に美しい鯖《さば》色の光が、小箱の中から射るように射して、部屋を瞬間に輝やかした。 小箱の中を覗いている、老武士の顔の嬉しそうなことは! この老武士は何者であろう? 他ならぬ松平|碩寿翁《せきじゅおう》であった。 それにしても何のためにこのような所へ、碩寿翁ともある人が、供も連れずに来たのであろう? それには怪奇な事情がある。 根津仏町|勘解由店《かげゆだな》の刑部《おさかべ》屋敷の露地口で、京助という手代から、一個《ひとつ》の品物を奪い取って以来、碩寿翁は蠱物《まじもの》にでも憑《つ》かれたかのように、心が絶えず動揺し、心が恐怖に襲われた。 時にはこんなように口走ったりした。「あのお方があんな所にいられようとは! ……俺はとうとう感付かれてしまった。……俺に恐ろしいはあのお方ばかりだ。俺は体を隠さなければならない」 で、恐怖に耐えられなくなって、江戸を発足したのであった。「長崎へ行こう! 長崎へ行こう!」(この素晴らしい値打ちのある物を、売るのはいかにも惜しいけれど、あのお方にあのように感付かれた以上は、とうてい持ってはいられない。売って金に代えることにしよう。これほどの物を買い取る者は、長崎の蘭人《らんじん》の他にはない) で、長崎へ向かったのであった。 しかるに何という事だろう。碩寿翁の乗っている駕籠の前に、いつも一挺の駕籠がいて、ゆるゆると進んで行くではないか。そればかりなら何でもなかった。その駕籠が強い力をもって、碩寿翁の駕籠を支配するではないか。 その駕籠が旅籠屋へ入ったとする。と、碩寿翁の乗っている駕籠も同じ旅籠屋へ入るのであった。 これに気が付いた碩寿翁は、云われぬ恐怖と不思議とを感じて、その駕籠の支配から遁れようとした。「これこれ駕籠屋、他の旅籠へつけろ」「へいへいよろしゅうございます」

— posted by id at 03:38 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2231 sec.

http://barbaramacon.com/