笑われて見れば気持が悪い

 で、茅野雄は突嗟の間に、手綱をしぼると馬を廻し、一散に後へ引っ返した。 その行く手には馬に乗った、丹生川平の郷民達が、得物を揮って群がっていたが、駈けて来る茅野雄の必死の姿に、気を呑まれたか道をひらいた。で、茅野雄は駆け抜けた。 と、これはどうしたのであろう、ドッと背後から大勢の者の、笑う声が聞こえてきたではないか。 こういう危急の場合にも、笑われて見れば気持が悪い。そこで茅野雄は振り返って見た。 丹生川平の郷民達が、遥かの後方に屯《たむろ》していて、茅野雄の方を指さして、笑っているのが見てとれた。(何故あいつらは笑っているのだ? 何故俺を追っかけて来ないのだ?) とは云え彼ら丹生川平の、郷民達から云う時には、笑うべきことに相違なかった。 というのは大森林の奥所《おくど》にあたって、丹生川平があるのであるから。(あの可哀そうな旅の武士は、自然に一人で俺達の郷へ、惨《いじ》められるために駆けて行く) で、指さしをして笑ったのであった。 そういうことを茅野雄は知らない。 で、馬を走らせた。 しかしその時背後の方にあたって、忽然鬨の声がわき起こったので、振り返らざるを得なかった。 何を茅野雄は見たであろう? 丹生川平の郷民達の群へ、一団の人数が襲いかかって、凄まじい戦いを演じている。 白河戸郷の郷民達が、ようやくこの時駈けつけて来て、丹生川平の郷民達へ、殺到したに他ならなかった。 しかし茅野雄その人にとっては、そんな事情は解らなかった。(この隙に森林の中へ入り、危険から遁れることにしよう) で、いよいよ馬をあおって、森林の方へ駈けて行ったが、間もなく姿が見えなくなった。 森林が茅野雄を呑んだのである。

— posted by id at 03:35 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2637 sec.

http://barbaramacon.com/